最近の投稿

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超能力へ
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ

© 23世紀の進化論 All rights reserved.

仮想ステージ

20145/15

意識の定義(新解明国語辞典)

strong>いしきのていぎ【意識の定義】
現時点では解明できていない自我のようなもの。
定義が定まっていないにもかかわらず、その実態についてまじめに議論が盛り上がるというお馬鹿な状態の代名詞。議論百室、侃々諤々なほど赤っ恥である。

人類は言語能力と画像処理能力があるため、『意識とは』という『カオス』を手に入れとても喜んでいる。
その『カオス』度は解明好きの人種(科学者)ですら未だに解明ができていないほどである。
しかし、客観的にみると『意識とは』の定義すら定められていないという解明以前のお粗末さが垣間見える。
新解明国語辞典,第2版,2020年)

いしきのていぎ【意識の定義】
遺伝子が処理能力を高めるために創り出した仮想ステージのこと。
仮想ステージでは、ほぼリアルタイム処理のほか、睡眠時には、バッファーの遅延書き込みや、遺伝子のバイアスが加わった妄想の書き込み処理が脳内マップに行われる。※1
21世紀までは言葉で表せるものを意識と呼んでいたが、動物愛護団体と原始人愛護団体の苦情により22世紀にその範囲が広げられた。

新解明国語辞典,第8版,2120年)

画像処理や言語処理が繰り広げられるので、意識はいかにも「意識」であるが、その実、単なる条件反射にすぎません。
いかにも意識がコントロールしているようだが、事実は逆で、画像・言語処理の負荷により、無意識より処理スピードは低下します。

下等動物ではモールス信号のような2進法から始まり、高等生物になるに従い低周波から高周波までの音声(低周波)、目が備わっている生物では光による映像(高周波)まで、その解像度により、ステージのステージは上がります。※2

遅延処理の都合で仮想ステージが発生したというのが意識の始まりです。
仮想ステージの場所や数に大きな意味はありません。たまたまそこにあるだけです。

皮肉なことに、生物の進化に伴う解像度の向上とともに、反応・処理スピードは降下しました。
そのため、キャシュやバッファー、さらには遅延書き込みのたぐいの技術が進化しました。※3

特に処理が追いつかなかった時には、就寝中にその処理が行われます。
仮想ステージに展開するときの展開場所やそのマッピング技術やインデックスのツリー構造などの進化により、処理能力はどんどん高まりました。
そして、言語が発生するに至っては、とうとう自我が芽生え、
意識はとうとう<我思う故に……>という有名なオカルトになりました。

仮想ステージ

仮想ステージ

< 本記事はSF小説の記事です。 正しくはWikiで! >

※1
脳内マップは1枚ではなく複数枚である。
脳内マップの内容によっては多重人格と呼ばれてしまうこともある。
詳細は本サイト別ページを参照のこと。

※2
目と耳では耳のほうが反応速度は速く、視界においても中心視野より周辺視野のほうが反応速度は速い。

※3
その技術の進化による処理スピードの差は、紙と鉛筆と、ハードディスクほどの差です。
ちなみに、意識と無意識との差はハードディスクとメモリーほどの差があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月 20日
    トラックバック:意識と脳内マップの役割

自我の作り方とプロジェクションマッピングによる自我の成りすまし方

201512/27

自我の作り方とプロジェクションマッピングによる自我の成りすまし方

自我の作り方とプロジェクションマッピングによる自我の成りすまし方 自我の作り方 え〜それでは、前回に引き続きまして自我の作り方をご紹介し…

20145/4

エプフォネーマ [随伴現象]

21世紀最大の問題とされていたクオリア[意識]は22世紀後半では普通の問題となりました。 ダーウィン※1を悩ませた「学問的な嫉…

ブルーリ潰瘍診断のための検査フローチャート

201511/20

遺伝子の優生保護と 国の優生保護法との違い

私(遺伝子)としては、自分勝手に先走りしないで私に任せて欲しいところです。 少なくともスコープが違う! 皆さんは自分さえ良ければ…

『方法序説』ルネ・デカルト

201512/25

我思う、故に第三者在り 

我思う、故に第三者在り 我思う、故に我在り 有名な「我思う、故に我在り」は我の意味があいまいです。 我が自分のことだとしても、我我は自…

本能(新解明国語辞典)

20163/7

本能(新解明国語辞典)

本能(新解明国語辞典) 定義次第 本サイトでも気安く本能という言葉を使ってしまいましたが、あいまいすぎるのであらためて本サイト用に定義し…

ホムンクルス

20144/29

脳内マップ

人間の遺伝子は「人間として出来上がり」までのマップを持っています。 育つということはそのマップとおりに行うということです。 だからい…

20146/1

シリーズワールド (新解明国語辞典)

しりーずわーるど【シリーズワールド】 (新解明国語辞典) 並列的な異次元世界であるパラレルワールドに対して現実的で直列的な異次元世界の…

20143/29

進化論らしきもの

タイトル的にらしきものが必要なので、カテゴリー「らしきもの」ではダーウィンの進化論※を元にした「論」をコラム的に展開してみます。 …

なぜ遺伝子は神と呼ばれぬのか

なぜ遺伝子は神と呼ばれぬのか

物理的な最小時間 > 瞬間 なぜ人類は私(遺伝子)を神と呼ばぬのか? あまりにも自明なので言わぬのか、本当にそう思っていないのか?ど…

20144/4

お馬鹿の存在価値

【馬鹿と何とかは使いよう】 語源を見れば納得である。 無知とか迷妄、とある。※ そりゃそうだ 本人は知らない…

ページ上部へ戻る