最近の投稿

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超能力へ
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ

© 23世紀の進化論 All rights reserved.

リカルド・コスタ

「オオ~ぅ」

・・・

「オジョーさん、お待ちなさい」

テクテク逃げようとするミカにオジサンは声をかけた。

「これこれ、おまちなさい、悪いようにはセンから」

振り返ると、たったいま刺したばかりのオジサンが
たったまま腹部からいろいろポタポタさせながら手招きしている。
見た目はオジサンなのに話しぶりは老人だった。
さらにどう見ても外人なのに流暢に日本語をしゃべる。

ミカは、なにか感じるものがあり、
引き寄せられるようにクテクテ戻った。

仕方なく、いきがかり上、おそるおそる聞いてみた
「大丈夫?」

と、「ハッハッハッ~」と返された。

「オジョーさん、これからが見ものじゃぞ」
「そうですか・・・」そうとしか言えなかった。
「いやなに、この辺に立っておればプスリと現れると聞いたもんでな…」
勝手にしゃべりだした。
こちらの都合は関係なく、聞いてくれると思い込んでいる節がある。

「そうですか・・・」
ミカは、生来音楽好きだったので、この老人なオジサンの嬉々とした話しぶりには、
思わず合いの手を入れてしまうのであった。
「んで?」
「あ~あ~ワシはな」
「こう見えてもワシは1月1日生まれの昭和29年で、頭の中にクリップが入っとってな、檻の中から出られんのじゃよ」
「・・・?」さすがのミカも合いの手を入れようがなかった

「だからこのオジサン借りてここに立っとたん訳なんじゃよ」
「オジサンがポルトガル人なのは前回のタイトルのせいじゃ」

「そうだったんですか・・・」ぜんぜん訳がわかりません。
「あの~ 救急車呼びましょうか?」ポタポタの流れ的に聞くしかない。

「いや、せねばならぬことがある」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人類滅亡の日

預言者降臨

「がってんだ」 ミカは改めてとどめを刺そうとしたが、おじいちゃんは再び腹話術のようにローマ字言葉でしゃべりだしました。 「チョッ…

黒船

ミカは刃物を見ると異様にゾクゾクする。 それは恐怖心ではなく、むしろ恐怖心を与える側のそれである。 同様に人に危害が及ぶようなもの全…

3Dプリンター

ミカは刺せと言われれば喜んで幾らでも刺せる。そのことに抵抗どころか生きがいを感じるところだが、今回はあいにく邪魔が入った。 刺そうとし…

坂東ミカ

ミカはある日を境に実に不愉快きわまりない人間に成り下がった。 もともと取るに足らない自分であったのであるが、さらに「不愉快な人間」の烙…

ベールに包まれて

「おぉぉ おぬしは」 「あっ おじいちゃん。お元気でしたか?」 「まあな、この間おぬしに殺されたばっかりじゃがのぉ、この通り、元…

タイムトラベルの現状とトレンド

ノストラダムスの呪い

引き続きミカの発した「がってんだ」から時間は止まったままです。 そしてさらに時を進めF・ヒデオ氏の末路までお伝えします。  …

ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉

ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉

※本論文は原文を「Weblio翻訳」した文章です。   ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉(草稿) F・ヒデオ* 利権研究…

脳の働きと構造(脳の作り方)

ロボジー

「ワシはあんたをまっとんたんじゃよ」 「あんたにあって伝えねばならぬことがあるのじゃ」 人を刺したというのに…

ページ上部へ戻る