最近の投稿

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超能力へ
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ

© 23世紀の進化論 All rights reserved.

脳の働きと構造(脳の作り方)

ロボジー

「ワシはあんたをまっとんたんじゃよ」

「あんたにあって伝えねばならぬことがあるのじゃ」

 

人を刺したというのに何も罪悪感は感じなかった。

そればかりか、刺された本人が刺されたことをまるで気にしていないことにも驚かなかった。

このままでは息絶えてしまうであろうのに無表情に話すこのオジサンも、それはどうでもよいことのようだ。

そういうことなのだろう。

ミカはおとなしく話を聞くことにした。

「まあ、立ち話も何なので座ってお話ください」

 

・・・

 

それから小一時間かけて聞いた話を要約するとこうだ。

まず、そもそもこの場所にはわざわざ刺されに来てるそうです。

なんでも、死にたくても寄ってたかって阻止されてしまい、死なせてくれないらしい。

で、刺されている人はしゃべっているオジサンとは別人で、この人は刺されるに値する奴なので気にしなくて良いとのこと。

この人は非人道的に沢山の人を殺したので、たくさん殺される運命だそうだ…

そして、こうして刺されているうちに「そいつ」が現れ、「そいつ」にあるメッセージを伝えることがこのオジサンの使命らしい。

そして、「そいつ」とはワタシのことらしい。

さらに、バッハだの、時空がだの、意味不明で要約すら出来ないことを延々と話し続けだしたので遮って聞いてみた。

 

「で、その使命って何?」

「クリップと電子レンジとロボトミー」

「それって、五十嵐紋次郎のでしょ?」

「・・・も一度いう、『クリップと電子レンジとロボトミー』。

意味不明だったとしてもいつかそれが必要になる時が来る。

あるいは、このメッセージを次の奴に伝えるのじゃ」

 

「次って?」

 

「次に刺す奴じゃ。」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

黒船

ミカは刃物を見ると異様にゾクゾクする。 それは恐怖心ではなく、むしろ恐怖心を与える側のそれである。 同様に人に危害が及ぶようなもの全…

ベールに包まれて

「おぉぉ おぬしは」 「あっ おじいちゃん。お元気でしたか?」 「まあな、この間おぬしに殺されたばっかりじゃがのぉ、この通り、元…

人類滅亡の日

預言者降臨

「がってんだ」 ミカは改めてとどめを刺そうとしたが、おじいちゃんは再び腹話術のようにローマ字言葉でしゃべりだしました。 「チョッ…

ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉

ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉

※本論文は原文を「Weblio翻訳」した文章です。   ノストラダムスの大誤算と予言から帰する終焉(草稿) F・ヒデオ* 利権研究…

坂東ミカ

ミカはある日を境に実に不愉快きわまりない人間に成り下がった。 もともと取るに足らない自分であったのであるが、さらに「不愉快な人間」の烙…

3Dプリンター

ミカは刺せと言われれば喜んで幾らでも刺せる。そのことに抵抗どころか生きがいを感じるところだが、今回はあいにく邪魔が入った。 刺そうとし…

タイムトラベルの現状とトレンド

ノストラダムスの呪い

引き続きミカの発した「がってんだ」から時間は止まったままです。 そしてさらに時を進めF・ヒデオ氏の末路までお伝えします。  …

リカルド・コスタ

「オオ~ぅ」 ・・・ 「オジョーさん、お待ちなさい」 テクテク逃げようとするミカにオジサンは声をかけた。 「これこれ…

ページ上部へ戻る