最近の投稿

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超能力へ
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ

© 23世紀の進化論 All rights reserved.

20143/26

リセット

皆さんは何時頃、脳をリセットされましたか?

 

ワタシが最後にリセットされたのは5、6歳の頃です。

その前の記憶はありません。

なので、一回きりなのか、何度もリセットしたのかは定かではありません。

それ以前については写真とかで見せてもらっても記憶は蘇りません。

両親も兄弟もかたくなに口を閉ざし「それ」についての話を避けていました。

 

 

リセットの感覚はほとんど脳震盪で意識を失った後の覚醒と同様ですが異なる点もあります。※

覚醒の後、はっきりとは意識が戻らずまた昏睡に陥ることを繰り返し、徐々に覚醒したりするのは同様でしょう。

リセットの場合は。一連の昏睡など意識障害があったことを周囲の方々は認識していないでしょう。

このことからリセットは短時間に行われているのではないかと思われます。

大きく違うのは、リセットしたあとは、消滅して思い出せない情報があること、あるいは新たに追加された以前の自分の知らない情報があるということです。

後、私の場合よくある臨死状態のように自分を第三者的に見ていました。

ということで

今の私は5,6歳のころに正座してぼやーんと空間に生まれ。自宅の6畳間に着地することから始まります。

服装は多分リセット前に来ていた服そのままだったでしょう・

当時、これらは以下のどれかである。ということでした

・ただの夢

・宇宙人に連れ去られた洗脳させてきた

・夢みるアホ

・オキチさん

 

そんなこんなで、
私の場合以上に頭脳明晰の反対語である、無知蒙昧、 無知無学、 無知無能、 無知愚昧、 無学浅識、 無学無識、 無学無知、 無学文盲、 浅学非才、これらをすべて背負い、さらに音痴、運動音痴、言葉音痴、うんちたれとして、要するにそれどころじゃなくつまらない人間として生きて行くになりました。

 

 

※意識障害は,覚醒の程度により,傾眠 ⇒ 昏蒙 ⇒昏迷 ⇒昏睡と区分けされているようです。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人工知能の作り方(遺伝子工知能とクラウド)

20143/28

パレット

情報のインプットは通常は深夜に、まれに真っ昼間に行われました。 情報の言語は…万華鏡のような光の文様です。 あるいは花火のような…

20143/29

トリガー

通信開始のトリガーが何だったのかは未だわかっていません。 強いて言えばどれが通信だったのかも定かではないし。 …

20143/23

夢は現実

なぜ今なのかについて説明します。 昨年、2013年の夏頃某BSの番組でホーキングについて特集を放映していました。 その中で時空を…

20143/24

ビーム砲

脳細胞が死ぬ時の衝撃は、皆さんどんなでしょう? 私の場合、未使用の脳細胞の死滅には気が付きません。 使用中の脳細胞の場合は結構な衝撃…

20143/29

インターセプター

ワタシは選ばれたものではなく、勝手に傍受してしまっただけかもしれません。 だとすると納得できます。 あるいは、失敗作なのでしょう…

ページ上部へ戻る