最近の投稿

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超能力へ
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ

© 23世紀の進化論 All rights reserved.

20144/4

お馬鹿の存在価値

【馬鹿と何とかは使いよう】

語源を見れば納得である。

無知とか迷妄、とある。※

そりゃそうだ

本人は知らないのである、そのことに関して正しく理解していないのである。

騙し放題である。

こんなことわざが残っていることのほうが馬鹿っぽい。

【馬鹿となんとかは高いとこを好む】

生物学的には低いところを好んだら、それこそお馬鹿な気がする。

言い直すなら、

馬鹿と賢者は高いところを好む

 

・・・

馬鹿と呼ぶ奴は、(退化と進化を取り違えている自分を馬鹿と思っていないそれこそ)馬鹿が、そうでない奴より優越感を持ちたいがために「先に言ったもん勝ち」的に使うのかも。

対して、馬鹿と呼ばれてそのとおりだと思う奴は、呼ぶ奴の馬鹿さ加減を知らないので、馬鹿と呼ばれるならそうなのであろう、と甘んじて受けているのである。

結果、

馬鹿とは、人を馬鹿にする奴のことである。

自己主張なのであった。

 

さて、

進化論的な話である。

国家的な進化のためには無知な奴が必要である。

高いところを好む奴も必要である。

進化に必要なのは結果とスピードである。

内なる才能を奥に秘めて晩年開花したところで何になる! ということだ。

早い時期に持って生まれた実験要素を出し尽くし、内省し、次の選択肢を制定し、統計的に淘汰できるぐらいの量を生産しなければならないのだ。

学力的、知識的な向上の結果は、他国から入手できる。

それよりも国民そのものの進化を優先するのであれば、

国家はお馬鹿の双肩にかかっているといえよう。

そしてその後は、

申し訳ないが長生きしても進化的見地からの国益にはならないのである。

 

元気よく適度に生きてくれる。

尽くせり至れりなのであった。

 

※【馬鹿の語源・由来】
馬鹿は、サンスクリット語で「無知」や「迷妄」を意味する「baka」「moha」の音写「莫迦(ばくか)」「募何(ぼか)」が転じたとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スクミリンゴガイ

20145/1

猿⇨人間⇨ペンギン

遺伝子を受け継がせたかったら次は泳ぎの得意なペンギンぽくなると良いのかもしれない。 いっそ水陸両棲のスクミリンゴガイぽくてもいいかもしれな…

化け猫とペットロス

20161/1

化け猫とペットロス

突然ですが、もっときちんと説明しろと、隣のサイトの『にゃまとめ』からクレームが入りましたので、改めて自我について真面目な部分も交えて…

20145/4

エプフォネーマ [随伴現象]

21世紀最大の問題とされていたクオリア[意識]は22世紀後半では普通の問題となりました。 ダーウィン※1を悩ませた「学問的な嫉…

「特定不能のパーソナリティ障害」と「パーソナリティ障害、特定不能のもの」

201512/20

「特定不能のパーソナリティ障害」と「パーソナリティ障害、特定不能のもの」

「特定不能のパーソナリティ障害」と「パーソナリティ障害、特定不能のもの」 DSM-IVとICD-10 (遺伝子のつぶやきです。医学的な正…

20143/29

進化論らしきもの

タイトル的にらしきものが必要なので、カテゴリー「らしきもの」ではダーウィンの進化論※を元にした「論」をコラム的に展開してみます。 …

DNAを通して見た戦争と英才教育と遺伝子操作

20144/12

DNAを通して見た戦争と英才教育と遺伝子操作

DNAを通して見た戦争と英才教育と遺伝子操作 DNAは育つのでしょうか? 遺伝子操作で「賢い人」が作れるようで……

ホムンクルス

20144/29

脳内マップ

人間の遺伝子は「人間として出来上がり」までのマップを持っています。 育つということはそのマップとおりに行うということです。 だからい…

20143/29

オリンピックの意義

オリンピックの目的は、 自国開催して、一憂するためのものではない。 もともとは他国に誇れる人材をどれだけ保有しているかを誇示する…

20163/31

ぎゃふんと言わせるのぎゃふんの語源と新説

ぎゃふんと言わせるのぎゃふんの語源と新説 ぎゃふんの語源 実際に「ぎゃふん」と言っている人を見たことがないのに、「ぎゃふ…

なぜ遺伝子は神と呼ばれぬのか

なぜ遺伝子は神と呼ばれぬのか

物理的な最小時間 > 瞬間 なぜ人類は私(遺伝子)を神と呼ばぬのか? あまりにも自明なので言わぬのか、本当にそう思っていないのか?ど…

ページ上部へ戻る