「ブレーキペダルを踏む力は一定に!」
これは正しいでしょうか?

たしかに間違いとはいえないかもしれませんが……


これを実行したのが図1です。

図1 踏力一定の図 



ブレーキペダルを踏むと、その力は摩擦熱による熱エネルギーに変換され、その結果速度が落ちます。
ブレーキペダルを一定に踏んだ場合は熱エネルギーも一定量発生します。
しかし、車の運動エネルギーは速度の二乗に比例するので、熱エネルギーが一定の場合の減速の割合は一定にはならず、速度的には図1のようなカーブになります。

さらに、これを正解と思っている方の実際の走行時のブレーキの踏み方は、
「ブレーキをかけてみたがあまりスピードが落ちないので、さらにブレーキペダルを踏み込んだ!」
というケースが多く見受けられます。

どちらにしても、同乗者にとってこれは、「止まれないのではないか」と恐怖を感じる典型的なパターンです。

ということで、これはお抱え運転手としては不正解です。

正解は、「ブレーキペダルを踏む力は一定に!」ではなく、
「ブレーキ中の減速度を一定に!」です。

図2のように減速度を一定にして行いましょう。


図2 減速度一定の図


図のとおり、ブレーキペダルは最初強めに踏み込み、その後車速の低下に伴い徐々にリリースしていきます。

教習所で習ったポンピングブレーキはここではNGです。

実際には減速開始時と減速終了時は、さらに細かいブレーキ調整が必要です。
そこは別の機会に触れますので、今回はここまで。

 


 

それでは次回をお楽しみに。

「ブレーキは普通にできている」とお思いの皆さん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る